投票するだけで、半額?!参院選に向けて多くの飲食店が「選挙割」を導入

7月21日に投開票される第25回参議院議員通常選挙ですが、多くの飲食店が「選挙割」と題して、投票を行ったゲストに対してキャンペーンを企画している。

国民として当たり前にある選挙権を行使するだけで、お得なサービスが受けられるのです。これは投票所に行くしかない!

18歳になりめでたく選挙権が与えられた高校3年生のためにも少し「選挙割」について調べてみた。

このように、学生限定で「#選挙割」を導入する店舗も多いよう。飲食サービスなどを展開する企業にとっては今回の参院選の争点でもある「消費税」はもっとも身近な問題。増税に対して危機感を持つ経営者の方は多いように感じられる。自分たちの意思を伝えるためにも若者問わず多くの人々が選挙に参加してくれればと思う。

プロフィール

幸田 良佑

2003年、山梨県生まれ。愛知県に育つ。 自由学園卒。東洋大学社会学部に在学中。 2018年にオンラインメディア『THEMEDIA』を立ち上げ、編集長を務める。貧困や格差、教育問題に関心を持ち、フィールドワークを展開。 現在、特定非営利活動法人TENOHASIにてソーシャルワーカーとして勤務。 2021年よりわかちあい練馬に参画。事務局長として地元自治体、事業者との連携を模索。格差、貧困問題に支援の立場から関わる。