休校中の高校生がオンラインラーニングツールの活用をサポートするヘルプセンターを開設

全国的な一斉休校を受けて、オンラインのラーニングツールの活用が進んできている。

だが、課題として自宅のインターネット環境やデバイスの設定、各社ツールの使い方などがよく分からず、サポートが行き届いていないという問題がある。

それに目をつけた高校生らが4月、オンラインで操作方法や設定などをサポートするヘルプセンターを立ち上げた。

「Help!MANATOME」と名付けられたこのプログラム。

企画者の一人は、経済産業省が進める「学びを止めない未来の教室」を意識し、スローガンも「学びを止めさせない」としたと話す。

このコロナウイルスの流行に伴う休校を受けてサービス各社は、無料で自社サービスを提供するなど、大きく動きが出ている。

この動きを止めないようにサポートすることができたらと意気込んでいたのが印象的であった。

関連サイト

著者プロフィール

幸田 良佑

2003年、山梨県甲府市生まれ。自由学園男子部(中等科・高等科)課程修了。東洋大学社会学部在学。2018年にTHEMEDIAを立ち上げ、以来編集長を務める。貧困や格差、教育問題を中心にフィールドワークを展開。近年はローカルニュースや受験、教育情報などテーマ別のメディアサイトを手掛ける。東京都東久留米市市民環境会議委員、部会長。同市環境フェスティバル実行委員会委員。過去に世田谷区立希望丘青少年交流センター運営準備委員会、運営委員会委員(若者世代)も歴任。