1人の若者の9年間の変化と成長を描いた映画「ぼくが性別『ゼロ』に戻るとき 空と木の実の9年間」7月24日からUPLINK渋谷にて上映開始 

THEMEDIAでは、劇場公開に合わせて、
対談企画などのオリジナルコンテンツの掲載を予定しています。

ドキュメンタリー映画「ぼくが性別『ゼロ』に戻るとき 空と木の実の9年間」が、7月24日から8月6日まで、アップリンク渋谷で劇場公開される。この映画は、主人公の小林空雅(たかまさ)さんの中学~社会人になるまでの9年間に密着したものだ。

女性として生まれたが、自分の性に違和感を持ち続けていた小林空雅さん。13歳のとき、心は男性/生物学的には女性である「」と診断される。17歳の時に出場した弁論大会では、700人もの観客を前に、男性として生きていくことを宣言。そして弱冠20歳で性別適合手術を受け、戸籍も男性に変えた。

本作はそんな1人の若者の9年間の変化と成長を描いた《こころの居場所》についてのドキュメンタリー。 LGBTQやジェンダー、同性婚の問題など、性についての関心が世界中で広がるいま、この映画は、性の違和に苦しみ、それでも自分らしく生きる人々の姿を通して《》に限らず、誰もが生きやすい社会に近づくための気付きを与えてくれる。

上映期間中は、豪華ゲストによるトークイベントも開催。

詳細は、以下の公式HPをチェック。

〇映画公開 7月24日~8月6日

〇会場名 UPLINK渋谷(https://shibuya.uplink.co.jp/

〇公式HP https://konomi.work/

著者プロフィール

幸田 良佑

幸田 良佑

東京在学在勤の人間見習い。山梨に生まれ名古屋で育つ。
教育格差、学校社会の問題、子どもの貧困などに関心を持ちフィールドワークを展開中。
趣味は散歩。一日15km超は当たり前です。